手仕事屋 ぽっかり堂の毎日。

珍道中のはじまり。

3月11日。

この日は思いがけず忘れられない一日となりました。

午前中、この数週間作りためていた花ブローチを新しいお取引先に納品。
まだ試験的な試みなので少数で、大中小それぞれ5つづつの納品です。

*豊かな命聖書書店さま。
>>安曇野市豊科光2073-15
b0147175_01011808.jpg
春らしく明るい軽やかな雰囲気のものを揃えてみました。商品は包装されているのでそれだけでもかわいいと思いますが、お手持ちの帽子やスカーフ、カーディガンなどにつけていただくとぐっと華やかさがましてお顔の印象が明るくなります。
だまされたと思ってお試しください。

服や帽子にはちょっと。とお思いの方!お手持ちのバッグにつけてみてください!今まで持っていた同じものとは思えない華やかさになります。

今回お取り引きさせていただいている聖書書店さまは19号からちょっと山手に入った住宅地に位置しています。初めて行かれる方は地図で場所をじっくりご確認ください。



さてこの日、私にとって忘れることのできない出来事がもうひとつありました。
同日午後、祖母が主の身許へ戻りました。

祖母は大正13年生まれ。91歳でした。
手先が器用でいつもテレビを見ながら教会のバザーに出すものや教会で使うものをせっせと作っている人でした。
叔母から聞いた話では、祖母はフィーリングで作業を始める人だったようです。ですから、教会で使う膝掛けなどを家にあるあまり糸で編んでいたときなど、有り得ない色合いでどんどん編んでいくのでそばで見ている叔母や先に亡くなった祖父がその色合わせにやきもきしたそうです。

叔母の言葉をそのまま借りれば「おばあちゃんは"みんな家にある残り糸でやってはんねんから色なんてどうでもいいねん!"ってゆうてたけど、教会にあるの見たら他の人みんなめっちゃきれいに色揃えてやってはんねん。」と。
確かに私の学生時代にも姉と私に座布団カバーを作ってくれました。それらももちろんフィーリングで始める作業ですし、家にある残った布をつぎはぎしながら作ってくれたわけです。
私のカバーは模様があらゆる方向に向いてつなぎ合わされていましたがすべて同じ布でした。でも姉のカバーは布が足りなくなってしまい、真ん中に全く違う布が縫い込まれていました。そしてあっけらかんと笑いながら言うです。

「へそができてしもた~!」


フィーリングでものを作っていた祖母。その話を聞くと、私の物作りは祖母のスタイルによく似ているように思います。



うっかりぽっかり。ぽっかりうっかり。
でもそれがかわいくなるのです。
私たち人間も完璧じゃなくてそれぞれが持っているぽっかり穴を通してものを見たとき、その人しか見られない景色が見られるのです。
その景色を見せたくて、失敗じゃなくてそれがあなたらしさ、愛おしいんだと伝えたくて、神様はうっかり道を間違ったりうっかりよけいなことを言ってしまったりさせるのかも。


3月11日。私には門出となり、私たち家族にとって新たな記念の日となりました。



ーいつも喜んでいなさい。
絶えず祈りなさい。
すべてのことについて、感謝しなさい。
これがキリスト・イエスにあって、神があなたがたに求めておられることです。ー
テサロニケ人への第一の手紙5:16-18

[PR]
by pokkaridow | 2016-03-25 07:00 | 記念日
<< 明日はイースター! お知らせ >>



Life isn't about finding ourselves. Life is about THANKSGIVING to the Lord who create us who we are.
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ライフログ
以前の記事
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧